顕微鏡を用いた根管治療

~深い虫歯治療の「最後の砦」~

根管治療の成功率が100%でないことは、歯科医師であれば誰でもわかっていますが、そのことを知っている患者さんはほとんどいません。そして、先進国である我が国で行われている根管治療の成功率は、他の国で行われているものと同等の成功率が保証されていると思っている方も。しかし、実際には日本の健康保険で行われている根管治療は無菌的な処置などが実施されていない点などから、世界基準の治療下では最低水準(成功率50%位)であると言わざるを得ません。それによって日常的に根管治療後のトラブルが増えていることを実感しています。実際、松本市の歯医者・望月デンタルクリニックの問い合わせで一番多いのは根管治療に関するものです。
皆さんには、現在根管治療が世界基準の治療下ではどのように行われているのか知っていただき、ご自身の治療の選択肢を広げていただきたいと思います。

当クリニックの根管治療の特徴

  • マイクロスコープ(顕微鏡)の
    使用

    *
    「見えない」治療から
    「見える」治療へ

    現代の医療では、脳外科、眼科、耳鼻科など広い分野で当然の様に使われているマイクロスコープが、最近では歯科の治療でも普及し始めています。医科で使用する場合は大体1mm単位を見るためにマイクロスコープを使用しますが、1mm以下の部分を治療する歯科では最も威力を発揮します。これを使用する事により、肉眼では見えなかった根の中の状態を拡大し明るく見る事が出来るようになり、感染部分を見ながら確実性のある精密な治療を行う事が出来るようになりました。
    アメリカの専門医では根管治療にマイクロスコープを使うことが義務づけられています。

    • 2~34倍まで!マイクロスコープではこのように見えます
    • *
  • CBCT(コーンビームCT)の
    使用

    *
    見えないものを「見つける」
    歯科用CT

    今まで一般に歯科医院で撮影されてきたレントゲン写真は2次元写真(ある一平面のみ撮影)であったため、それ以外に存在する病気の発見ができませんでした。
    しかしCT撮影(3次元写真)を行うことによって根管内をはじめとする病気の見逃しが減少し、根管の位置・形態や初期の病変も術前に正確に把握できるようになりました。

    • 2次元のレントゲン
      *
      この写真では病変がはっきり写っていません
    • 3次元のレントゲン
      (CBCT)

      いろんな角度から見ると病変の
      位置・大きさがはっきり写って
      います

      *

    通常のレントゲンは約95%も普及しているのに対し、
    歯科用CBCTはわずか10%(2014年時点)

  • ラバーダムの使用

    *
    根管治療の基本原則にして
    最も大切な「無菌的処置」

    ラバーダムとは、治療する歯のみを露出するゴムのシートの事です。
    これを使用することで、治療途中に細菌が多く含まれている唾液の進入を防ぐこと、術野の明示、周囲組織軟組織の保護をする事が出来ます。これを行わないで根管内を拡大形成する事は、感染の経路を拡大し、治らない可能性が高くなってしまうため、絶対に欠かせません。
    ラバーダムの装着に関して、アメリカ歯内療法学会のガイドラインでは必須であると義務づけられているのに対し、日本の一般開業医では約5%以下との報告もあります。

  • ニッケルチタン超弾性ファイルの使用と様々な清掃道具

    *
    第5世代の最新根管清掃器具

    ファイルとは、根の中の細菌に感染してしまった歯髄を除去するときに使用するヤスリの事です。
    保険治療で使用されるファイルは通常ステンレス製のものですが、当クリニックが実施する世界基準の根管治療ではニッケルチタン製のファイルを併用しています。
    ニッケルチタンはステンレスに比べ、高い弾力性を有するためしなやかに曲がり、わん曲している根にも直線化することなく使用でき、根管内の清掃効果が高まる事が評価されています。
    用途に応じて数多くのファイルを使用しています。

  • 超音波洗浄

    *

    複雑な形態をしている根管内は、その部分に対して少しでも細菌を減らすために「洗浄」がとても重要になってきます。しかし、ファイルによる機械的拡大ですべての細菌を除去することはできません。
    そこで効果的な洗浄を行うために超音波と薬剤を用いてきれいにしていきます。
    根管治療専用に開発された超音波チップは、水中にて非常に強い分解エネルギーを持った酸素の泡を発生させ、根管内に残っている削り取った汚染物質の切削片を隅々まで洗い流します。

  • 垂直加圧充填

    *

    根管清掃が終了した後、空洞になった神経管の内部をゴムで封鎖して細菌が繁殖しないようにしています。
    垂直加圧根充とは、薬を根管内部に器械で圧力をかけて垂直に押し込んでいく方法です。薬は半固体化の状態で、隙間なく圧力できっちりと密封状態にできます。
    また、垂直加圧以外にも根管の状態に応じて他の根充法も併用しています。垂直加圧が行えない根管の場合、他の方法で充填を行います。

  • MTA - mineral trioxide aggregate

    *

    根管清掃が終了した後に通常はガッタパーチャーと呼ばれるゴムで封鎖していきますが、根尖の直径が0.5ミリを超えてきてしまうと垂直加圧にてゴムを充填できなくなってしまうためMTAと呼ばれるセメントを充填していきます。
    またこのセメントは根管の壁に穴が開いてしまった場合の充填剤としても効力を発揮いたします。
    感染していない歯髄の保護にも使用できる、非常に高い成功率を達成できるセメントです。

  • 歯根端切除術

    *
    根尖性歯周炎の難治化への対応

    通法の根管治療で治癒に至らない場合、または通法の根管治療が行えない場合(根管内に除去困難な補強材などが入っている)などには、顕微鏡を用いて外科的に根尖部を切除し、感染源を取り除くことで抜歯を回避し、歯を保存する術式を行うことができます。
    ※部位によっては切除できない場合もあります。

  • 治療器具の滅菌管理

    *

    歯の内部の組織を取り扱う上で大切な事は、細菌を侵入させないことです。
    そのため根管治療に使用する器具は使い捨てのディスポーザブルが多くなります。
    (一般的な歯科治療より圧倒的に材料コストがかかるのも根管治療費が高くなっている原因の一つです)
    それ以外の器具に関しては徹底した滅菌処理を行ったものを使用しています。

  • 一人ひとりに充分な診療時間を確保

    *

    高度歯科診療を行う上では適切な時間が必要となります。
    当クリニックの根管治療では、1回の診療時間に平均60分とらせていただきます。
    患者さんには多少なりともご辛抱いただく必要があります。ご協力の程、よろしくお願いいたします。

  • 症例実績集
  • 料金表

根管治療とは?

歯は人体の中で一番固い組織ですが、その中には、俗に神経と呼ばれている歯髄という軟らかい組織があり、根の先の小さな孔で、あごの骨の中の神経や血管とつながっています。
この組織が、むし歯(齲蝕)や外傷で細菌に感染してしまった場合に、歯髄の除去または感染した歯髄を除去し根管内をきれいにすることを根管治療と呼び、大きく2つに分かれます。

*
  • ①歯髄炎:虫歯が歯の神経まで進行し、感染した状態。
    • *

      むし歯が歯の神経まで進行していて、神経が感染しています。

    • *
    • *

      歯の神経と感染物を完全に取り除き、根管を消毒、洗浄します。

    • *
    • *

      消毒、洗浄が終わったら、薬で完全に封鎖します。

    • *
    • *

      土台をたてて、かぶせ物を付けて治療は終了です。

  • ②根尖性歯周炎:歯の根の先端に膿がたまった状態。
    • *

      根の先端(根尖)に膿がたまっています。

    • *
    • *

      人口の被せ物や補強のための土台を取り外し、リーマー等で古い薬や感染物を取り除き洗浄します。

    • *
    • *

      根管内部がきれいになったら薬を用いて封鎖します。

    • *
    • *

      土台をたてて、かぶせ物を付けて治療は終了です。

根管治療の重要性
〜歯は一生の友達、根は一生の支え〜

家を建てるとき最も大切なことは、土台となる基礎工事がしっかりしていることです。何十年かして建物が老朽化しても土台さえしっかりしていれば建物だけの修理は簡単です。
しかし、基礎から全てやり替えとなると大工事になってしまいます。
これと同じように根管治療が不十分で病変ができると、せっかく入れたかぶせ物を外して再治療(※1)が必要となり、最悪の場合、歯を抜かなくてはならない(※2)こともあります。
このように、根管治療は歯を長持ちさせるための基礎工事と言えます。言い換えれば、根管治療はその歯の寿命を決定づけるほど重要な治療であるといえます。

*
根管治療の割合 抜歯の原因

根管治療は難しい 
〜根管治療の2つの問題点〜

  • 神経管の形態が複雑で100%清掃できない

    根管の中は非常に複雑な形をしており、木の根っこと同じです。この中に入っている組織・細菌を全て取り除くことは極めて困難。

    根管治療は肉眼では見えない細い根管内で行う、非常に繊細な治療です。1本の歯には太い根管が数本あり、それがさらに枝分かれして複雑になっているため、管の内部の神経、血管や感染物質をすべて除去することは困難を極めます。
    このように根の治療は歯科治療の中でも難易度が非常に高く、とても高度な技術と数多くの専用設備・器材を必要とする専門性の高い治療であることがお分かりいただけると思います。
    日本にはまだほとんどありませんが根管治療先進国(アメリカ)では根管治療しか行わない専門医が多数存在するくらいです。しかし、残念ながら我が国の根管治療は世界的に最低水準と言わざるをえません。

    根管治療の成功率
    • 根管治療後、病変が見つかる割合
    • 根管治療専門医による成功率

    ※ 東京医科歯科大学むし歯外来2005年9月〜2006年12月

  • 根管治療は歯科治療の中で
    最も多くの
    専用設備・器材(使い捨て器具)を必要とする

    非常に高度な技術が要求され時間のかかる根管治療にもかかわらず、我が国での現在の健康保険制度は根管治療に対する評価報酬が低すぎるため、本来必要な時間をかけ、適切な設備・器材を用いることができない現状があります。
    大臼歯の治療を例に挙げますと、保険制度のないアメリカでの診療報酬は10〜15万円程度ですが、われわれの健康保険制度の診療報酬は1万円にも満たないくらいです。一概には言えませんが、どちらが質の高い治療を受けられるでしょうか?

    横にスワイプしてご覧ください。

    保険治療 世界基準の根管治療
    考え 根管充填重視 細菌感染予防
    診断ツール 問診・視診・触診・レントゲン 保険治療の診断+顕微鏡+CT
    視野 肉眼 マイクロスコープ(顕微鏡)
    ラバーダム
    (無菌的処置)
    なし あり(必須)
    清掃器具
    (ファイル)
    ステンレススチール製 ステンレススチール製+
    超弾性ニッケルチタン製・超音波洗浄
    FC.FG(発癌性物質) 水酸化カルシウム
    根充 側方加圧根充(ラテラル) 垂直加圧根充 MTA
    時間 15~30分 60~90分
    金額 約9,000円 ※3 10〜15万円程度、専門医は20万円以上
    通院回数 数回〜数十回 数回

    ※ 金額は、大臼歯の歯髄炎の処置(抜髄・貼薬1回・根充)を行った場合の10割負担額

この2つの理由により、
形態が複雑な根管に対して最も大切な無菌的環境で治療を行うことができません。
また、報酬が極めて低く設定されているために診療環境の整備とコストバランスが悪く、
より良い医療を提供するのが極めて困難な状況です。

  • 根管治療を成功に導くために

    口の中は、300〜400種類、1000〜6000億個もの最近が潜むと言われている、肛門より細菌が多く汚い所です。
    そんな場所での根管治療で成功率を上げるためには、無菌的な環境下において十分な時間をかけて根管内をしっかり洗浄し、再び細菌が入ってしまわないよう薬を細部まで詰めることが重要になります。
    当クリニックでは成功率の高い根管治療を行っているアメリカやヨーロッパの専門医と同等の技術と設備が整っており、良好な結果を得ています。

  • 前述したようにinitial treatment(抜髄)処置の成功率は大変高いため、感染が拡大する前に無菌的環境で処置することが大切になります。
    しかし日本の根管治療では
    抜髄(無菌的環境無し)→経過不良→再治療(無菌的環境無し)→経過不良→抜歯
    になるケースが多くみられます。
    抜歯になる原因は根管治療の経過不良による感染の拡大と何回もの治療による歯質の脆弱化(残った歯質の残存量)による破折がみられますが、比率的には歯質の残存量の低下による問題のほうが大きく影響しているようです。
    本来、抜髄は90%以上の成功率が出せるはずなのに日本においては成功率が50%程度であり、やり直しの治療が非常に多く、早期抜歯のケースが多い(抜髄の失敗率をいかに下げるかが大切)のが現状です。

    *
ページの先頭へ戻る