皆さんの一生を考え
本当に価値のある
歯科医療を

松本市の望月デンタルクリニックでは、
世界基準の治療で再発の少ない歯科医療を目指し、
院長を始めとする全スタッフが常に知識と技術の研鑽に励んでおります。
生涯のお口の健康パートナーとして、信頼され、
何でもご相談いただける関係を築けるように。

*
*
  • 略歴・プロフィール
    • 1996年 
      松本歯科大学 卒業
    • 1996年〜2005年 
      一般歯科開業医 勤務
    • 2005年 
      望月デンタルクリニック 開業
    • 2013年 
      日本顕微鏡歯科学会認定医 取得
  • 所属学会
    • ・日本顕微鏡歯科学会
    • ・日本歯内療法学会
    • ・日本臨床歯周病学会
    • ・日本口腔インプラント学会
    • ・日本矯正歯科学会
    • ・OJ正会員
      (Osseointegration study club of japan)
    • ・AAP(アメリカ歯周病学会)
MOCHIZUKI DENTAL CLINIC

皆さんのお口の健康を
一生守れる
「本物のかかりつけ医」に

大学を卒業し数軒の一般開業医にて学ばせていただき、2005年松本市で歯科医院「望月デンタルクリニック」を開業し、多くの方に支えてもらい今年14年目(2019年現在)を迎えることができました。
勤務医時代最後にお世話になった石川知弘先生(静岡県浜松市開業 石川歯科)から多大な影響を受け、先生を目標に「患者さんの人生に本当に価値ある歯科医療」を提供することを常に考え勉強しております。
歯科治療は同じ病気にかかっても「誰が」治療するのかによって結果はかなり異なります。また、日本の保険診療は国民全員がある一定の治療を平等に受けられる程度の質でしか行うことができません。患者さんのほとんどは日本の保険診療の限界や自分が受けている治療の内容を理解しておらず、保険診療が「病気を治す方法」として最良と勘違いされている…。その結果、「再発」「再治療」が増えて治療がより難しくなり早期に抜歯に至っています。

従来の歯科治療

実際、私も以前受けた歯科治療の再発に今でも苦しんでいる状態ですので、皆さんのつらさはよくわかっております。
既存の治療に改善が加えられ、より成功率の高い治療や、以前は治せなかった病気に対する新しい治療法のほとんどは海外から発信されております。我々はこの知識・技術を習得するために常に高額な研修(数万円〜数百万円)を受けますが、それら技術のほとんどは高いコストがかかってくるため保険診療では対応できません。患者さんの健康にもっとも価値ある診療を行いたいのに、そのためには患者さんに多くの経済的負担をしていただかなければならないのが歯科治療の現状だと思います。

*

諸外国では日本で行われているような保険診療がない国が多く、医科のように細分化された専門医もたくさんいるため一つ一つの処置が高精度に行われ、患者さんの選択肢の幅は広く存在しております。

日本の開業医はほとんどが一般歯科医として一人の医師がすべての病気に対応しておりますが、それに対応する設備・技術を高い水準で維持するのは不可能です。そのため当クリニックでは医院の都合で患者さんの選択肢の幅をせばめることなく提供できるよう複数の医師で分担領域を担当することにいたしました。専門性の高いものに関しては、信頼できる病院を紹介させていただき、連携をとっております。
私の担当は歯科用顕微鏡を用いた「精密根管治療」「歯周外科」「インプラント」です。

*

平均寿命が延びている現代ですが、健康寿命を延ばし人として充実した生活を送るためには、歯の健康維持を慎重に、優先して考えなくてはならないことだと思っております。

食事は毎日行うもの。それを担う歯は、生きていく上で大切な器官です。車は買い替えれば新品になりますが、歯は新品にはできません。そんな一生口の中に残る歯の治療価値は高く、それだけ私達の責任は大きくなります。
皆さんの悩みや問題を少しでも早く解決できるよう努力したいと思っておりますので、お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る