安心も提供できる診療を

医療機関として安心できる
清潔で快適な空間を

衛生管理と
滅菌システムの徹底
我々歯科医療従事者は、目に見えない細菌を扱っています。
そんな細菌による感染から患者さんを守るために、治療室内の換気の徹底、ディスポーザブルグローブ、微粒子用マスク、また口腔内で使用する器具の徹底した消毒、滅菌を行っています。加えて、安全基準を守るため、スタッフミーティングを行い細心の注意を払っています。

感染対策の取り組み

  • *
    患者様ごとに
    診療器具を滅菌・消毒
    診療に使用する器具は、患者様ごとにパッキングし、世界基準の滅菌器で徹底的に滅菌された状態で衛生的に保管しております。
  • *
    使い捨ての器具を使用し
    感染を防ぐ
    滅菌できない診療器具は、使い回しによる感染を防ぐために、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)製品を使っております。
  • *
    スタッフの衛生管理に
    対する意識向上
    基本的な手洗いやうがい、消毒などをマニュアル化するとともに、ミーティングにより全員での意識向上を図るなど、細心の注意を払っています。

衛生サイクル

洗浄 消毒 滅菌 保管
洗浄 消毒 滅菌 保管

診療の度にこの工程を繰り返し、滅菌パックされた診療器具は使用直前に開封

高圧蒸気滅菌器

*

ウイルスや細菌を徹底的に死滅させる
感染のリスクを伴う歯科医療の現場では、危険なウィルスへの対策は必要不可欠です。また複雑な構造をしている歯科用診療器具には、内部にまで細菌やウイルスが付着します。人の手では届きにくいだけでなく、洗浄・消毒だけでは完全に落とすことができません。
この滅菌器では、あらゆる細菌・ウイルスを徹底的に死滅させ除去することができるので、より安心・安全に診療を行うことができます。

消毒・殺菌・滅菌の
違いとは?

  • 消毒
    病原性微生物を害のない程度まで減らしたり、感染力を減退させて無力化させること。
  • *
  • 殺菌
    付着した細菌やウイルスを殺すこと。(その対象や程度は言及されていない)
  • *
  • 滅菌
    すべての微生物や細菌やウイルスを死滅させ除去すること。

すべての菌に対し、滅菌が
最も有効な方法だと言えます。

ウォッシャーディスインフェクター

*

診療器具を確実に洗浄、消毒
衛生管理においては、滅菌ばかりに目が行きがちですが、その滅菌の効果を最大限に発揮するために重要となるのが、しっかりとした洗浄です。
このミーレジェットウォッシャーは国際規格(ISO15883)に準拠した高性能洗浄器で、手洗いでは落とせない、診療器具の細部に付着した汚れまでも、確実に洗浄・消毒します。

ハンドピース注油器

*

ハンドピース専用の洗浄・メンテナンス器
お口に入る治療器具(ハンドピース)をより清潔に維持するためのメンテナンス機器です。自動洗浄・注油システムを搭載しています。
ハンドピースの形やタイプそれぞれに応じて、人の手では届かない細部まで洗浄し、より効果的な滅菌を行うことを可能にします。

ガス殺菌器

*

高温では傷みやすい器具も殺菌
オートクレーブを使用できない様々な器具や器材(ゴムやプラスティック製品など熱に弱いもの)も、約25~30℃の常温・常圧で殺菌を行うため、器具や器材を傷めることなく、スピーディーな殺菌処理を行うことができます。
また、内部が閉鎖構造になっており、独自の中和・消臭機構で臭いが外部に漏れることはありません。廃液は下水にそのまま流すことができるほど害がありません。

タンパク分解型除菌水

*

口内からも、空間からも、細菌を排除する
当院では、高い除菌・殺菌効果を持ちながら人体に害の無い「タンパク分解型除菌水」を生成する連続除菌治療システム”POIC water”を導入しています。
うがいや治療中に使用される水をはじめ、その通り道である診療ユニット内に流れることでユニット内も清潔に保ち、診療空間中に噴霧することで空気さえも細菌・ウイルスの無い安全な状態にします。
さらにその除菌効果は口内の細菌にも有効で、当院でも「グチュグチュするだけで汚れが取れるお水」として活躍しています。
タンパク分解型
除菌水って?
風邪を引いたとき、私たちの体の中では白血球が外部からの病原菌と闘います。この時白血球が産生するものが「次亜塩素酸」です。
この次亜塩素酸の殺菌力と、本来私たちの体に備わっているものという安全性に着目し、作られたのがタンパク分解型除菌水です。(最近では家電でもその力に着目した製品が販売されています。)
では、このタンパク分解型除菌水はどのように作るのでしょうか。
実はとてもシンプルで、塩(海水の1/10程度)と超純水を専用の器械によって電気分解することで生成されます。
つまり薬剤は一切加えてないので、副作用や体への為害作用はなく、お子さんからお年寄りまで幅広い方に安心して使っていただけます。
ずっと「お水」と言っているのも、薬品を使っていないことが理由です。

口腔外バキューム

*

清潔な診療空間を維持する
診療中、歯を削ったりする時には、空気中には目に見えないほどの細かな水や粉塵が飛び散っています。その有害な浮遊粉塵を患者さんが吸い込んでしまったり、顔にかかってしまうことが無いように、すばやく強力に吸引し、診療空間を清潔に保ちます。

業務用空気清浄機

*

オペ室内の空気を除菌
空気中のウイルス・カビ菌などの細菌・花粉などミクロの有害物質を、特殊構造のフィルターによって強力にキャッチし、メーカーが誇るクリーンテクノロジーによって分解・除去します。
特に細菌やウイルスに注意が必要な外科治療において、安全にオペを受けていただくために、清潔なクリーン空間を維持します。
ページの先頭へ戻る